ヨーロッパに来て2週間が過ぎた所

毎日毎日移動と撮影繰り返す怒涛の日々です。



化粧を被せ 笑顔で現場に居る自分と
化粧を脱いで ベットの上で無になる自分

どちらも自分であるのは確かなのだけれど

一生化粧という仮面を被って理想の自分で
あり続けることが出来たらなあと毎日思う。



自身の中の隠と陽の階段の登り降りが
凄くしんどくて 受け入れられない自分も悔しい

素顔の自分を隠と決めつける自分も悔しい。



いつか皆去って行くんでは無いかと毎日不安で
でも去って行くような人も元々居なくて

何の為に今 生きてるのかなんて果てしな過ぎる
永遠の疑問を追いかける必要もないのに
自分の頭はその疑問を追いかけ 追いかけられ。



私は弱い人間なので 結局自己完結

心から人と関わるというのは
とてもエネルギーがいることなのです。



毎日の撮影で身体冷やして今日はちょっと
鼻の調子が悪い ゆっくりお風呂入ろうかな


ただ誰かに抱きしめて欲しいだけなのに
それが叶わないって皮肉


レイ