なぜそんなに旅行をするのと皆聞くのだけれど足を止めてしまうと死んでしまう気がするそれだけが理由。動いているうちは考えることをやめられるし依存しているものから一瞬でも離れることができる。何を見ても何を聞いても楽しくないけど自分の思考と過ごす時間程楽しくない ...

死にたい死にたいとずっと言っている私だけれども死にたいと思っている時ほど自分の生を実感している時って無いのですよ。無の時間を持て余し、自分が生きている感覚があるときにああ存在ごと空気の中に消えてしまいたいとそう思うのだけどそれはすごく人間的で生きて欲しい ...

毎日毎日自分の思考から逃げる為にひたすらに家から出て、食べて、写真を撮る。どこへ行っても何をしても楽しくない。気持ちがどこかで一時停止しているから。舌も機能停止してるから 食べ物も味はしない。とりあえず毎日死ぬまでの暇つぶし。自分で死んじゃうのも迷惑かかる ...

↑このページのトップヘ